婚活成功のためのコツ、大切な第1ステップを解説

周りは結婚して家庭を持ち落ち着いてきているのに、自分はパートナーも見つかっていない。

「これから婚活がんばるぞ!絶対に成功させてやる!」と意気込んで婚活を始める男性は多いです。

しかし世の中には婚活してもうまくいかず、”婚活疲れ”を訴える人もいます。

「もういいや」と諦めてしまい一生独身を選ぶまで追い込まれてしまう人も…。

でもそうなりたくないですよね?

婚活がなかなかうまくいかない男性にはある一つのミステイクを起こしている可能性があります。

婚活を成功させるためにもまずは大切な事を理解しておきましょう!

婚活を成功させるためにはコツが必要

周りは次々結婚していき独身者も少なくなってきているため焦る。

マッチングアプリ、婚活パーティー、お見合いサイト、結婚相談所など、ありとあらゆる婚活サービスを使って行動していても良い女性と巡り会えず全然成果が出ない。

なにをやっても成果がでない”婚活疲れ”を訴える男性は、表面化していないだけで結構多いもの…。

 

婚活が長引けば長引くほど、何人もの女性とコミュニケーションをとり、何度もデートのお誘いをし、何回もお食事に行ったり…

体力的にも精神的にもムダに消耗、金銭的にもムダな負担がかかります。

 

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

婚活がうまくいかない人の多くは、間違った婚活方法をしている可能性が高いです。

 

しかし、大半の人はこれに気づけていません。

婚活を成功させる「コツ」を把握し行動していれば、誰でも簡単にすぐ幸せな結婚に結びつくとは言い切れません。
しかし、正しい婚活方法の基本を理解しておくだけで、理想的なパートナーと出会う可能性はグンと上がります。

そしてその間違った婚活方法で多いのが男性が陥りがちな年齢のミスマッチングです。

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

婚活を成功させるためにも、どの年齢層の女性にアタックするか?は成功を大きく左右させる大切な事の1つです!

婚活の成功率は伸びてきている

世の中の婚活している男性が婚活サービスを利用して、一体どのくらい成功しているものなのでしょうか?

婚活している人の中での婚活サービス利用の割合や、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は、婚活実態調査2019リクルートブライダル総研調べ)によると、

2018年の婚姻者のうちで、婚活サービスを利用していた割合は32.3%と過去最高。
婚活サービスで結婚した人は12.7%と過去最高。
婚活サービスの利用者の中で婚活サービスを通じて結婚に至った人の割合は39.4%と引き続き高い水準を維持。

出典元:ブライダル総研

このような統計結果が出ています。

男女ともに未婚率は相変わらず高い水準を保っています。

しかし昨今は数えきれないほど多くの婚活サービスが登場してきました。

このような婚活サービスを利用する人たちも増えてきており、婚活サービスを活用したことからめでたく結婚に繋がっている人たちも増えてきている様子。

 

婚活初心者の男子婚活初心者の男子

でもさ、最近は結婚したい男女が減ってきているんじゃないの?

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

女性の社会進出や非正規雇用者増加などの背景からそんな風に思ってしまうかもしれませんが、結婚したい男女はまだまだ沢山いるんですよ!

 

内閣府が発表している、「平成30年版 少子化社会対策白書」によると、

「いずれ結婚するつもり」と答えた未婚者(18~34歳)の割合は、2015(平成27)年調査で男性85.7%、女性89.3%となっており、ここ30年間を見ても若干の低下はあるものの、男女ともに依然として高い水準を維持している。
また、未婚者(25~34歳)に独身でいる理由を尋ねると、男女ともに「適当な相手にめぐり会わない」(男性:45.3%、女性:51.2%)が最も多く

出典元:内閣府

この結果からも、「いずれは結婚したいけれど良い相手に巡り会えていない」男女がとても多いことがわかります。

婚活初心者の男子婚活初心者の男子

意外にもパートナーを求めている女性は沢山いるんだね〜

生涯未婚率は女性よりも男性の方が多い!

内閣府が発表している、「平成30年版 少子化社会対策白書」では、

未婚率を年齢(5歳階級)別にみると、2015(平成27)年は、例えば、30~34歳では、男性はおよそ2人に1人(47.1%)、女性はおよそ3人に1人(34.6%)が未婚であり、35~39歳 で は、 男 性 は お よ そ3人 に1人(35.0%)、女性はおよそ4人に1人(23.9%)が未婚となっている。
長期的にみると未婚率は上昇傾向が続いているが、男性の30~34歳、35~39歳、女性の30~34歳においては、前回調査(2010(平成22)年国勢調査)からおおむね横ばいとなっている。

出典元:内閣府

婚活初心者の男子婚活初心者の男子

横ばいになっていても男性の方が未婚率が高いってことは、男のほうが余っているのか

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

生涯未婚率は横ばいなのに、生涯未婚率に男性が多いのはなぜなのか?気になりませんか?

これは全体的な婚姻率を見た時に、再婚カップルの割合が増加傾向にあることに関係があるのでは?と推測できます。

国立社会保証・人口問題研究所の「初婚・再婚別婚姻数及び普通婚姻率」や厚生労働省の「平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況」を参考にしてみると、婚姻件数のうち「夫婦ともに初婚」が減少しており、「夫が再婚」が上昇し「夫が初婚」が低下していることがわかります。

 

婚活初心者の男子婚活初心者の男子

確かに最近は再婚する人の話もよく聞くよね〜

 

そして、「夫が再婚・妻が初婚」の構成は「夫が年上・妻が年下」の割合が半数以上であり、その平均年齢差は6.1となっています。

その他の「夫妻とも初婚」の平均年齢差が1.6、「夫が初婚・妻が再婚」の平均年齢差が0.3、「夫婦とも再婚」の平均年齢差が3.2である事と比較すると圧倒的な年齢差であることがわかり、再婚男性は年下の女性を好んで選んでいることが伺えますよね。

バツイチ男性は独特の魅力を持っていることがあります。
結婚生活に失敗し離婚してしまったものの、人生を共に歩む伴侶として一度は女性に認められた男であることから、女性からもそれなりに人気があったりするんですよね。

婚活1年目女子婚活1年目女子

離婚経験のある男性って女性慣れしてるから女心を掴むの上手な人が多いですよね〜

離婚しちゃってますけどね…。まあ、理由は人それぞれですが。

 

その他 バツイチ男性がモテる理由

  • それなりに家事ができる
  • 女性・恋愛・結婚に対して現実的な見方ができる(偏った幻想を持っていない)
  • 離婚を始め様々な経験を乗り越えた分、落ち着きがある

 

婚活市場のフィールドに立っているのは初婚者だけではなく、年下女性狙いの再婚希望者も多数存在していることを忘れてはいけません。

 

自分に見合う年齢層を正しく絞ることから始める

子供を産む必要のない男は”何歳でも結婚できる”と思っている男性は多いかもしれません。

アラフォーの方の場合は、自分の子供を産んで欲しいから相手の女性は20代か30前半までが良いなと思う人もいるでしょう。

第15回出生動向基本調査」(「国立社会保障・人口問題研究所」)”調査別にみた、未婚者が希望する結婚相手との年齢差の構成”の統計を参考にすると、2015年の結果では、結婚相手は自分よりも年下を望むと答えた男性は合計で51.4%と半数以上を占めています。

妻にするなら、若くて可愛くて出産適齢期の20代〜30代前半の女性を求める男性は多いです。

 

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

しかし!男性も女性側から年齢を見られていますよ

 

第15回出生動向基本調査」(「国立社会保障・人口問題研究所」)”調査別にみた、未婚者が希望する結婚相手との年齢差の構成”では、女性が希望する結婚相手の年齢差は、「同じ歳」が28.4%、「1〜2歳年上」が29.6%となっています。

「5〜6歳年上」を希望する割合も11.9%と一定数いますが、男性側の「5〜6歳年下」を希望する14.4%と比べると低いことがわかります。

 

男性も37〜38歳を境に、年齢があがるにつれ成婚率が下がり結婚することが厳しくなってきます。

その理由は、「将来子供が生まれた場合、子供が成人するまでの学費が補えるかなどの金銭面から、収入の柱となる夫の定年までに子育てを終えたい」という考えからくるもの。

『女は若い方がいい!』とアラフォー男性が20代女性を狙っても、結ばれるのはなかなか難しいのが現実です。

年齢のミスマッチに気づかないまま婚活している男性もいますが、これでは婚活成功は遠のくばかり。

 

また、

  • 再婚男性の多くが年下女性と結ばれている(かっさらっていく)
  • 20代の女性は婚活市場で人気があり男性からのアプローチを山のように受けている

このことから、婚活で自分より若すぎる女性を求めるのはレッドオーシャンといえます。

 

婚活コンサルタント婚活コンサルタント

年下の女性にこだわらず、自分と見合う年齢層を把握し、ターゲット層を絞って相手探しすることから始めていきましょう!

 

婚活を成功させるためのコツ
  • 自分の年齢に見合った年齢層を狙っていく
  • 一般的に需要があるのは同い年か±2〜3歳
  • 相手に求める年齢差はギリギリでも最大±5歳まで

 

まとめ

婚活を始めるからには成功させたいもの。
昨今、婚活サービスを使って見事結婚するカップルも増えてきました。
しかし正しい認識を持って動いていかなければ婚活成功からは遠のくばかりです。
まずは、多くの男性が陥りがちな年齢のミスマッチに気をつけてください。
自分と同い年か±2〜3差の女性にターゲットを絞ってアタックしていくのが成功へたどり着ける秘訣の1つです!